国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

将棋の藤井六段、最年少四冠王

記録1位独占は史上3人目

 将棋の最年少プロ、藤井聡太六段(15)が2017年度の記録全4部門(勝率、勝利数、対局数、連勝)の1位が確定、最年少「四冠王」となった。13日、日本将棋連盟が発表した。4部門1位独占は3人目で、日本中を沸かせた中学生がまた快挙を成し遂げた。

 17年度はこれまで70対局、59勝11敗で8割4分3厘、29連勝(16年度含む)で3月末まで数局を残し、1位が決まった。

 連盟によると過去、四冠王となったのは羽生善治二冠(47)と内藤国雄九段(78)。羽生二冠は4回達成しており、最初は1988年度、18歳が最年少記録だった。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 21時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る