Gateアプリ大分合同新聞のスマートフォン専用アプリ誕生!詳細はこちら

湯屋 天音  自然の恵みに包まれて

 柔らかいお湯だ。手足を伸ばして目を閉じる。川のせせらぎ、鳥のさえずり、木々を揺らす風の音―。ぜいたくな気分に包まれ、思わずつぶやいた。「あー幸せ」

 竹田市久住町栢木(かやぎ)に昨年12月オープンした「湯屋(ゆや) 天音(あまね)」。長湯温泉(直入町)に近い芹川沿いにひっそりとたたずんでいる。

 “湯守”の秋吉潤さん(44)は元長湯郵便局長。前身の「あすかの湯」が2015年末に閉館となり、引き継ぎ手を探していることを知った。「地域の湯を守りたい。自分がやらなきゃ誰がやる」。約20年勤めた郵便局を退職し、自力で施設や庭の修繕、改装を進めてきた。受付では、妻の幸絵さん(38)と生後2カ月のシバイヌが客を出迎える。

 男女の大浴場、全8室の貸し切り湯いずれも内湯と露天風呂を備える。源泉掛け流しで加水も加温もなし。泉質は長湯温泉と同じ炭酸水素塩泉だが、美肌成分ともいわれるメタケイ酸を多く含んでおり、肌にしっとりなじんで潤いを与える。

 夫婦で週1、2回訪れている豊後大野市三重町の川辺国夫さん(80)は「あちこち入ってきたけど、ここが一番。体の凝りがほぐれて疲れがようとれるわ」と太鼓判を押した。

 夕暮れ時、露天風呂にランプの明かりがともる。「晴れた日は星空を眺めながらの入浴。最高ですよ」と秋吉さん。天音の意味は「天の恵みの音」。かなたから降りそそぐ星の声に耳を澄まそう。


地元野菜たっぷり チキン南蛮、手ごねハンバーグ…

 湯屋天音から車で約10分の「日乃出食堂」。竹田市久住町の福祉農場コロニー久住直営で、地元の新鮮野菜をふんだんに使って手作りした定食、総菜が味わえる。

 定食は日替わり(648円)、チキン南蛮(756円)、ふわふわ手ごねハンバーグ(864円)など。ランチタイムには野菜の煮付け、酢の物など20種類近い総菜が無料で付く。

 火曜定休。ランチ午前11時~午後3時、カフェ午後2~4時半。問い合わせはコロニー久住(TEL0974・77・2344)。

( メモ )
 第2・第4火曜日定休。営業時間は午前10時~午後11時(最終受け付けは午後10時)。入浴料は大浴場が大人500円、小学生以下300円。貸し切り湯は50分2千円、80分3千円。問い合わせは湯屋天音(TEL0974・77・2620)。

湯わく味わくおおいた 動画一覧

  •  alt here...
    鴛野温泉はなまるの湯 自慢の泉質で肌つるつる
    2017年10月6日
    鴛野温泉はなまるの湯 自慢の泉質で肌つるつる

     朝夕の涼しい風が心地よく、温泉好きの人にはたまらない季節となった。さすが「おんせん県おおいた」。思い付いたらすぐ普段着で気楽に行ける温泉も、いろいろな所で見掛ける。「鴛野温泉はなまるの湯」もその一つ ...

    記事全文はこちらからご覧頂けます
  •  alt here...
    ホテルさわやかハートピア明礬 泉質異なる2つの温泉
    2017年9月14日
    ホテルさわやかハートピア明礬 泉質異なる2つの温泉

     山あいに硫黄の噴気が立ち上り、風情あふれる別府八湯・明礬温泉。その一角にある「ホテルさわやかハートピア明礬」(別府市明礬)は、自然に囲まれた静かな環境でゆったりと過ごせる上、泉質の異なる2種類の温泉 ...

    記事全文はこちらからご覧頂けます
  •  alt here...
    七里田温泉館下湯 黄金色の泡に包まれて
    2017年9月1日
    七里田温泉館下湯 黄金色の泡に包まれて

     くじゅう連山の麓にある竹田市久住町有氏の「七里田(しちりだ)温泉館下湯」。七里田は地名で、江戸時代に岡城から7里(約28キロ)離れたコメの産地だったことに由来するという。チケットは隣接する「七里田温 ...

    記事全文はこちらからご覧頂けます
  •  alt here...
    ゆの杜 竹泉 緑に囲まれたオアシス
    2017年8月18日
    ゆの杜 竹泉 緑に囲まれたオアシス

     連日の暑さで少し疲れ気味。「こんなときは温泉で体を癒やそう」と、大分市中心部から車を30分ほど走らせた。訪れたのは由布市挾間町来鉢の「ゆの杜(もり) 竹泉(たけせん)」。周囲はのどかな田園景観が広が ...

    記事全文はこちらからご覧頂けます
  •  alt here...
    琴ひら温泉 ゆめ山水 川のせせらぎ聞きながら
    2017年8月4日
    琴ひら温泉 ゆめ山水 川のせせらぎ聞きながら

     川のせせらぎを聞きながら、空気を吸い込むと気持ちがリセットされる。大分自動車道日田インターチェンジから車で約20分の場所にある日田市高瀬の「琴ひら温泉 ゆめ山水」。三隈川の支流、高瀬川のそばにあり、 ...

    記事全文はこちらからご覧頂けます
  •  alt here...
    おおいた温泉物語・三川の湯 優しい明かりに包まれて
    2017年7月21日
    おおいた温泉物語・三川の湯 優しい明かりに包まれて

     だんだんと暑くなり、ちょっと動くと汗が噴き出す。「ベタベタした体を洗い、くつろぎたい」。そう思って大分市三川新町の「おおいた温泉物語 三川の湯」を訪れた。  オープン12年目。店長の薬師寺桂佑 ...

    記事全文はこちらからご覧頂けます
  •  alt here...
    唄げんかの湯 ヒノキの香り心地よく
    2017年7月7日
    唄げんかの湯 ヒノキの香り心地よく

     「おんせん県おおいた」にありながら、温泉がない佐伯市。市中心部から40キロ以上離れた山里に「温泉」ではないものの、県内外からリピーターが訪れる入浴施設があると聞き、向かった。  目指したのは里 ...

    記事全文はこちらからご覧頂けます
  •  alt here...
    由布岳温泉 どこからでも名峰一望
    2017年6月16日
    由布岳温泉 どこからでも名峰一望

     観光客でにぎわう由布市湯布院町のJR由布院駅から約1・5キロの所にある「由布岳温泉」(川上)。周囲は田畑に囲まれており、喧騒(けんそう)から離れて自然と温泉を満喫できる穴場スポットだ。  12 ...

    記事全文はこちらからご覧頂けます
  •  alt here...
    馬子草温泉きづな 四季折々の景色満喫
    2017年6月2日
    馬子草温泉きづな 四季折々の景色満喫

    九重の雄大な自然が満喫できる温泉があると聞き、九重町田野の旅館「馬子草(まごそ)温泉きづな」を訪ねた。  大分市羽田の阿部忠直さん(70)が2001年に開業した。田野は妻・鏡子さん(69)の古里 ...

    記事全文はこちらからご覧頂けます
  •  alt here...
    新湊温泉  軟らかな湯、体ツルツル
    2017年5月19日
    新湊温泉  軟らかな湯、体ツルツル

     大分市生石の国道10号を車で走行中、よく目にしていた「新湊温泉」の看板。歴史を感じるたたずまいにこれまで二の足を踏んでいたが、一度立ち寄れば人情味あふれる出迎えと、上質な湯が待っていた。  温 ...

    記事全文はこちらからご覧頂けます
  •  alt here...
    神丘温泉 豊山荘 とろとろの「美人湯」
    2017年5月5日
    神丘温泉 豊山荘 とろとろの「美人湯」

     「とろとろした湯で肌がつるつるになる」という評判を聞き、別府八湯の鉄輪温泉にある旅館「神丘温泉 豊山荘」(別府市小倉)へ。大分自動車道別府インターチェンジから車で約3分という好立地。目の前には扇山が ...

    記事全文はこちらからご覧頂けます
  •  alt here...
    湯屋 天音  自然の恵みに包まれて
    2017年4月21日
    湯屋 天音  自然の恵みに包まれて

     柔らかいお湯だ。手足を伸ばして目を閉じる。川のせせらぎ、鳥のさえずり、木々を揺らす風の音―。ぜいたくな気分に包まれ、思わずつぶやいた。「あー幸せ」  竹田市久住町栢木(かやぎ)に昨年12月オー ...

    記事全文はこちらからご覧頂けます
  •  alt here...
    地獄原温泉 心も体も「まるで極楽」
    2017年4月7日
    地獄原温泉 心も体も「まるで極楽」

     別府八湯・鉄輪温泉のいでゆ坂。あちこちに湯気が立ち上る石畳の坂を歩くと「地獄原(じごくばる)温泉」(別府市鉄輪東)が見えてくる。名前のインパクトもあり、地元だけでなく観光客にも人気が高い。   ...

    記事全文はこちらからご覧頂けます
  •  alt here...
    湯平温泉「銀の湯」 軟らかく美肌に効果
    2017年3月17日
    湯平温泉「銀の湯」 軟らかく美肌に効果

     湯治場として長い歴史がある由布市湯布院町湯平の湯平温泉。風情ある石畳の入り口に共同浴場「銀の湯」はある。以前は長期滞在の湯治客が利用していたという古くからのファンが多い温泉だ。  「五つの共同浴場 ...

    記事全文はこちらからご覧頂けます
  •  alt here...
    高崎山温泉 おさるの湯 山奥で穏やかな時間
    2017年3月3日
    高崎山温泉 おさるの湯 山奥で穏やかな時間

     高崎山の南麓から、のぼり旗や看板を目印に山道へ。対向車に注意しながら坂道を登ると、木造の建物が見えてきた。由布市挾間町高崎にある「高崎山温泉おさるの湯」だ。  露天風呂から見える青い空。日常の ...

    記事全文はこちらからご覧頂けます
  •  alt here...
    うすき薬師の湯 心身癒やす“ぬるみ”
    2017年2月17日
    うすき薬師の湯 心身癒やす“ぬるみ”

    臼杵市深田の国宝臼杵石仏の近くに、「仏さま」が導いた数奇な由来を持つ温泉がある。  東九州自動車道臼杵インターチェンジを降り、野津町方面へ国道502号を進んだ左手の路地を入ると、日本家屋風の立派 ...

    記事全文はこちらからご覧頂けます
  •  alt here...
    下郡温泉 家族湯など気楽に
    2017年2月3日
    下郡温泉 家族湯など気楽に

     大分市の下郡工業団地の一角を通るたび、ずっと気になっていた看板がある。道沿いの2階建て建物に据え付けられた赤い看板に躍るのは、「下郡温泉」(下郡)の白文字。長年の好奇心を満たすべく、足を踏み入れてみ ...

    記事全文はこちらからご覧頂けます
  •  alt here...
    山田温泉 “熱めの湯”染み渡る
    2017年1月20日
    山田温泉 “熱めの湯”染み渡る

     全国クラブラグビー大会に初出場した「玖珠クラブ」は佐賀県鳥栖市で9日にあった1回戦を突破し、今月下旬の2回戦に進んだ。メンバーはほぼ玖珠郡出身という地域密着チームの活躍を取材しながら、ふと気になった ...

    記事全文はこちらからご覧頂けます
  •  alt here...
    ほのぼの温泉館 優しく利用者癒やす
    2017年1月6日
    ほのぼの温泉館 優しく利用者癒やす

     田畑が広がる由布市庄内町の国道210号沿いにある市直営の「ほのぼの温泉館」(同町庄内原)。JR庄内駅に近い木造平屋の建物にはゆったりとした時間が流れている。  「通い始めて7、8年になる」と話 ...

    記事全文はこちらからご覧頂けます
  •  alt here...
    湯処ゆの花 “湯の花咲く”濁り湯
    2016年12月16日
    湯処ゆの花 “湯の花咲く”濁り湯

     竹田市直入町長湯の長湯温泉街沿いの芹川に架かる河鹿橋まで行くと、「かじか庵」の看板が目に飛び込んでくる。「湯処(どころ)ゆの花」がある旅館だ。周りを川と田に囲まれ、のどかな風景が広がる。  「 ...

    記事全文はこちらからご覧頂けます
  •  alt here...
    東町温泉 地下に開放的な空間 壁画楽しみ、ひと息ついて
    2016年12月2日
    東町温泉 地下に開放的な空間 壁画楽しみ、ひと息ついて

     別府市のJR東別府駅付近から市街地を眺めると、オレンジ色の温泉マークが描かれた建物が目に留まる。共同温泉「東町温泉」(浜脇)だ。  1階で入浴料を払い、階段で地下に下りると脱衣所と浴場が現れる ...

    記事全文はこちらからご覧頂けます
  •  alt here...
    良の湯舞千花 徹底した非日常感
    2016年11月18日
    良の湯舞千花 徹底した非日常感

     慌ただしい日々の喧騒(けんそう)から抜け出し、心も体も癒やされたい―。そんな思いを胸に、大分市牧の県護国神社近くの高台にある「良の湯舞千花(まいせんか)」を訪れた。  のれんをくぐり、石畳のス ...

    記事全文はこちらからご覧頂けます
  •  alt here...
    とろろ乃湯 時間忘れる“隠れ里”
    2016年11月4日
    とろろ乃湯 時間忘れる“隠れ里”

    「こんな場所にあるのか」。初めての人はあまりの山奥で心細く感じるかもしれない。中津市耶馬渓町の耶馬渓ダム横を通り過ぎ、奥へ奥へ。細い道を進むとぽっかりとした空間。山、田畑、川。隠れ里のような雰囲気の中 ...

    記事全文はこちらからご覧頂けます
  •  alt here...
    いかりやま温泉 知る人ぞ知る名湯
    2016年10月7日
    いかりやま温泉 知る人ぞ知る名湯

    大分市中心部から明野方面に向かって滝尾橋を渡り、下郡バイパスを南下。細い道に入って同市片島の静かな住宅街に入ると、オレンジ色の建物が目を引く。知る人ぞ知る名湯「いかりやま温泉」だ。  いかりやま ...

    記事全文はこちらからご覧頂けます
  •  alt here...
    塚野鉱泉 昔ながらの「湯治場」
    2016年9月16日
    塚野鉱泉 昔ながらの「湯治場」

    きらきらと光る川面。せせらぎが聞こえる静かな山あいに、大分市内唯一の鉱泉がある。  昔ながらの湯治場情緒を残す「塚野鉱泉」(廻栖野)は、明治時代から130年以上、体の不調に悩む人を癒やしてきた。 ...

    記事全文はこちらからご覧頂けます
  •  alt here...
    みやざき郷温泉 故人が残した地域の宝
    2016年9月2日
    みやざき郷温泉 故人が残した地域の宝

    国道10号が南北に走り、各種チェーン店舗が軒を連ねる大分市宮崎。周辺の里山には団地がひしめき合い、にぎやかな一角だ。  その中にある昔ながらの静かな住宅地。車の行き違いも難しい入り組んだ道を進ん ...

    記事全文はこちらからご覧頂けます
  •  alt here...
    まるた屋温泉 西方の湯 隠れ家みたいな雰囲気
    2016年7月15日
    まるた屋温泉 西方の湯 隠れ家みたいな雰囲気

     「やっぱり泉質」。  大分市西部、住宅街の外れにある「まるた屋温泉 西方の湯」(南生石東)に集う常連客は、とりこになった理由について口をそろえる。  コーヒー系の色、無臭のナトリウム炭酸水素塩泉 ...

    記事全文はこちらからご覧頂けます
  •  alt here...
    舞子浜温泉センター 天候によって色が変化
    2016年7月1日
    舞子浜温泉センター 天候によって色が変化

     商店や公共施設、住宅が並ぶ大分市東部の大在地区中心地にある舞子浜温泉センター(政所)。開店とともに、せっけんやシャンプーを入れた「入浴セット」を手にした人が次から次へと訪れ、大きなのれんをくぐってい ...

    記事全文はこちらからご覧頂けます
  •  alt here...
    海門温泉 驚くほど高濃度の塩分
    2016年6月17日
    海門温泉 驚くほど高濃度の塩分

    「おおっ、しょっぱい」―。驚くほどの高濃度の塩化物泉を源泉掛け流しで満喫できる「海門温泉」(豊後高田市中真玉)。温泉通が絶賛する名湯として、人気が高い。  海まで歩いて数分程度の集落にひっそりと施設 ...

    記事全文はこちらからご覧頂けます
  •  alt here...
    川のせせらぎ心地よく 益次郎の湯
    2016年6月3日
    川のせせらぎ心地よく 益次郎の湯

     日田市天瀬町の中心部を流れる玖珠川沿いの天ケ瀬温泉。駅から5分ほど歩くと共同露天風呂の一つ「益次郎の湯」(益次郎温泉)=同町湯山=がある。  「今日は暑いなぇ。調子はどげんな」。常連の森山薫さん( ...

    記事全文はこちらからご覧頂けます
OPENCLOSE

Gate ch ゲートチャンネル
動画コンテンツ一覧

動画TOP

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 12時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る