Gateアプリ大分合同新聞のスマートフォン専用アプリ誕生!詳細はこちら

大分の秋味どっさり 食と暮らしの祭典開幕

 大分市の秋を彩る「第2回おおいた食と暮らしの祭典」(市、大分商工会議所、大分合同新聞社主催)が6日、開幕した。大分城址公園や大手公園など市中心部の10会場で、郷土の豊かな食を味わい、暮らしにまつわる技術などに触れられる。15日まで。

 開会式が市役所であり、佐藤樹一郎市長、商議所の姫野清高会頭、大分合同新聞社の利満広志専務らが出席。佐藤市長が「大分の魅力を改めて味わい、来年の国民文化祭などに向けて機運を盛り上げよう」とあいさつした。

 大分城址公園では、来場者にドウダンツツジやイロハモミジなど6種の苗木600本を無料で配った。期間中は市内の企業が自慢の製品や技術を紹介する「市工業展」、見応えのある庭園が並ぶ「植木造園展」が開かれている。

 大手公園の「暮らしフェスタ」は、飲食ブースに郷土のグルメが盛りだくさん。ダンスや音楽といったステージイベントもある。

 ガレリア竹町ドーム広場や若草公園、ふないアクアパーク、JR大分駅府内中央口広場などでも、多彩なイベントが繰り広げられる。

OPENCLOSE

Gate ch ゲートチャンネル
動画コンテンツ一覧

動画TOP

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 13時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る