大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

「生きる大切さ表現」 大分市出身の広田勇二

「音楽座ミュージカル」で主演

【東京支社】日本の演劇賞を数多く受賞している東京の劇団「音楽座ミュージカル」(東京都)が今月下旬に町田市と広島市で公演する作品「ホーム」で、大分市出身の所属俳優広田勇二(53)=相模原市=が主役を演じる。同劇団の代表作の一つで、公演は8年ぶり。「日々の出来事や現実をありのままに受け止め生きることの大切さを表現したい」と話している。
 舞台は昭和30年代半ば。広田が演じる主人公・哲郎は、ふとした出会いで知り合っためぐみと恋に落ち、結婚する。めぐみの母親・豊との同居生活が始まり、娘・広子が生まれて幸せ絶頂のさなか、めぐみが理由を告げずに失踪する。後に豊とめぐみ、自分と広子との間に血縁関係がないことまで知り、どん底に見える環境の中、哲郎は変わらず家族を愛して生きる。人の心のつながりで生きる大切さを、家族のやりとりなどを交えて描く。
 同作は劇団関係者の実話にアレンジを加えて仕上げた。1994年に初演され、第2回読売演劇大賞(優秀男優賞・優秀スタッフ賞)を受賞。公演は2010年に再演されて以来で、出演者たちの稽古にも熱がこもる。広田は「ステージからメッセージを一方的に伝えるのではなく、生きることの大切さを観客と一緒に感じる場にしたい」と話している。
 × × × 
 公演は22~24日に町田市民ホールで、30日に上野学園ホール(広島市)で。チケットはいずれもS席8640円(上野学園ホールはほかにA席6480円)。問い合わせは音楽座ミュージカル事務局(TEL0120・503・404)。
※この記事は、6月8日大分合同新聞夕刊5ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 7時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る