大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

天守閣ライトアップ 同友会が期間延長大分市長に要望

 大分経済同友会(姫野昌治、福島知克代表幹事)は14日、大分市の大分城址公園で実施されている天守閣を再現したライトアップの期間延長を求める要望書を佐藤樹一郎市長に提出した。
 同友会は「仮想天守が府内城の再整備・活用に向けた市民の意識を高め、大分の魅力発信に役立つ」として要望書の提出を決めた。
 同友会の役員ら4人が市役所を訪問。姫野代表幹事が「国民文化祭やラグビーワールドカップの際に、国内・海外に大分をPRするツールとして維持していただきたい」と要望した。
 市の事業計画では、仮想天守のライトアップは14日で終了し、解体撤去される予定となっている。
※この記事は、2月15日大分合同新聞朝刊5ページに掲載されています。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 17時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る