大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

食の安全に関する活動指標など協議 推進県民会議

 県食品安全推進県民会議(大呂紗智子会長)の会合が県庁であった。消費者や生産・販売者らで構成する委員20人が出席した。食の安全に関する具体的な目標や活動指標を定める第5次行動計画(2018~22年度)について協議した。
 県の担当者が食品衛生の国際基準「HACCP(ハサップ)」の普及など計画案の内容を紹介。「講習会やモデル事業、民間指導者の育成などに力を入れる」と述べた。食品表示の指導、農薬や水産用医薬品の適正使用などについても触れた。
 委員からは「直売所でも農薬適正使用の指導を徹底してほしい」「ラグビーワールドカップに向けて、安全性を発信したい」といった意見が出た。
 計画は3月末に策定する予定。
※この記事は、2月13日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 5時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る