Gateアプリ大分合同新聞のスマートフォン専用アプリ誕生!詳細はこちら

大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

冷え込む県内、トラブル相次ぐ

交通機関に乱れ
 12日午前10時現在、高速道路は東九州自動車道の中津インターチェンジ(IC)―苅田北九州空港IC間で全面通行止め。日出バイパスと大分空港道路の全線、東九州自動車道の日出ジャンクション―中津IC間で速度を規制した。
 一般道は中津市山国町槻木の国道496号と豊後大野市緒方町尾平鉱山の県道で一部区間が通行止め。その他の県道や国道などでも山間部を中心とした52カ所でチェーン規制となった。
 JRは豊肥線の宮地(熊本県阿蘇市)―豊後荻(竹田市)間で始発から速度を落として運行。日豊線は築城駅(福岡県築上町)にある踏切の安全確認のため、大分県内を往来する普通列車や特急列車にも遅れが出た。日田駅を起点とする日田彦山線の代行バスは終点の添田(福岡県添田町)まで行かず、大行司(同県東峰村)で折り返し運行となった。
 各バス会社によると、大分発北九州市行きの高速バスが一部で運休。別府、中津、日田3市や玖珠町内の山間部などを走る路線バスも、始発から運転を見合わせるなどした。

4校が臨時休校
 県教委によると、12日午前11時現在、雪の影響で九重町飯田小学校と、ここのえ緑陽中学校、中津南高校耶馬渓校、中津支援学校の計4校が臨時休校になった。
 日田と中津両市内の小中学校、高校、特別支援学校計14校は登校時間を遅らせた。

転倒や事故相次ぐ
 12日、県内各地で転倒やスリップ事故が相次いだ。
 各消防局・本部によると午前10時現在、少なくとも計4人が救急搬送された。宇佐市消防本部によると、午前7時40分ごろ、同市別府の路上で、自転車で通学中の女性(19)が転倒。腰を打ち、市内の病院に運ばれた。
 各警察署によると、午前10時現在、路面凍結による交通事故が由布、宇佐、中津、日田の4市と九重町で、少なくとも計32件あった。
※この記事は、1月12日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 18時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る