大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

県産花き東京でPR 生産者協が販売拡大目指す

 県内の生産者でつくる県花き生産者協議会は東京都の大田花き市場で、「おおいたの花」のPR活動を実施した。売り上げが伸びるクリスマスや年末年始に向けて、主要出荷先である関東での販売を拡大することが狙い。
 生産者12人を含む関係者45人が参加した。競りに集まった市場関係者に向け、和田善治会長(豊後大野市)が「大分は今年、集中豪雨などに見舞われたが、被害に負けず良い花を作ってきた」とあいさつ。“トップセールス”として駆け付けた安東隆副知事は「標高差を利用して高品質の花を生産している。取引に加え、おんせん県おおいたへ訪問してもらいたい」と売り込んだ。
 市場内には県産のスイートピーやバラ、キク、ヤマジノギクなどを展示。卸・仲卸業者との商談会も開催した。
 協議会事務局を務める県園芸振興室によると、11~12月の花の価格は全体として平年並み。関東への出荷は、JA全農県本部を通じた販売量の3割を占める。
※この記事は、12月23日大分合同新聞朝刊5ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 21時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る