Gateアプリ大分合同新聞のスマートフォン専用アプリ誕生!詳細はこちら

大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

被災地・日田に癒やしの光 千年あかり

 日田市の秋のイベント「千年あかり」が10日夕、豆田地区で始まった。市内は7月の福岡・大分豪雨で被災したが、例年通り約3万本の竹灯籠が並んだ。優しく照らす光を見ようと、多くの市民や観光客が訪れた。
 山に増えすぎた竹を伐採し、観光に生かす取り組みで13回目。辺りが夕闇に包まれると、市内の高校生やボランティアが天領の風情を感じさせる通り、花月川沿いで火をともし、柔らかな炎が揺れ始めた。復興をテーマに竹灯籠を展示した学校もあった。
 今年は豪雨の影響で河川敷の一部に竹灯籠を並べられなかった。4メートル近く堆積した土砂の上に設置した所もある。点火式で財津忠幸実行委員長(74)は「多くの市民の協力のおかげで開催できた。こういうときだからこそ『みんなで復興、頑張る日田』の思いでやっていこう」とあいさつした。
 11、12の両日も午後4時半から同9時まで点灯する。両日とも日田天領まつりが開催され、復興支援に駆け付けた弘前ねぷた(青森県)の運行もある。
※この記事は、11月11日大分合同新聞朝刊21ページに掲載されています。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 11時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る