大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

オスプレイ自粛求め 中津市議会が県内初の意見書可決

 中津市議会は9月定例会最終日の29日、米軍の新型輸送機オスプレイが8月末に大分空港に緊急着陸したことを受け、国内での飛行自粛や事故原因究明、安全対策を求める意見書案を賛成多数で可決した。県内で同趣旨の意見書が可決されたのは県や市町村議会で初めて。
 発議は保守系会派と公明の計5人。「事故原因が究明されないまま飛行を続けられている現状に国民の不安も高まっている」と訴え、安全対策を講じなければならないとしている。
 提案者の一人、山影智一氏(敬天親和会)は「緊急着陸した県内の市議会として意思表示をするべきと考えた」と話している。
 新生・市民クラブの8人は、オスプレイの即時飛行禁止と国内からの撤退に加え、陸上自衛隊の佐賀空港への配備計画撤回を求める意見書案を提出したが、賛成少数で否決された。
※この記事は、9月30日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 17時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る