Gateアプリ大分合同新聞のスマートフォン専用アプリ誕生!詳細はこちら

大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

ギニアの子にリコーダーを 大分市の安野さんらが募集

 家庭に眠るリコーダーをアフリカ・ギニアの子どもたちに届けようと、大分市野田の映像作家安野宏和さん(48)らが「空飛ぶ笛プロジェクト」に取り組んでいる。「子どもが笑顔になると国は良くなる。リコーダーを手にすることで新たな可能性を見つけるきっかけになれば」。2千本を目標に県民から募り、11月に現地に持参する予定だ。

 安野さんは県内外のテレビ局でカメラマンなどとして働いたこともあり、紛争地域や難民キャンプなどの取材を通して、子どもたちが困難な境遇の中でもたくましく生きる姿を見てきた。
 プロジェクトの第1弾として、2013年からエボラ出血熱が流行したギニアを届け先に選んだ。「頑張って生きる子どもたちに夢と希望を与えたい。楽しそうにリコーダーを奏でる姿を映像に記録し、ドキュメンタリー作品にしたい」と安野さん。同じ思いを持つ音楽家の江崎浩司さん(東京都)が現地で音楽指導をする。
 リコーダーは、小学校で習うなど日本人にとってなじみが深い楽器。活動に賛同した音楽教室講師竹中知子さん(56)=大分市宮河内=が同市内の小中学校を回るなどして提供を呼び掛けており、現在、100本ほどが寄せられているという。
 7月22日午後2時半からはチャリティーコンサートを同市のコンパルホールで開き、益金をプロジェクト資金に充てる。安野さんと竹中さんは「情報を拡散してもらい、1本でも多くのリコーダーを寄せてもらえればうれしい。県民の『気持ち』をギニアに届けたい」と話している。
 問い合わせ先は、同プロジェクトの専用メール(smileproject@unitedpressworld.com)。リコーダーの送付は、〒870―0157、大分市高城本町5の14 クロッシュサロン内・リコーダー受付係へ。
※この記事は、6月23日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。

ニュース

> 2017年6月23日(金)の大分県内ニュース一覧を見る

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 2時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る