Gateアプリ大分合同新聞のスマートフォン専用アプリ誕生!詳細はこちら

大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

ドローンテロに対応 全国初訓練 爆発物搭載を想定 伊方原発

 愛媛県警と松山海上保安部は19日、四国電力伊方原発(同県伊方町)で、爆発物を取り付けた小型無人機「ドローン」が、沖合から3号機周辺に飛来、侵入したと想定し、テロ対応の合同訓練を実施した。
 県警によると、原発でのこうしたテロ訓練は全国初という。
 訓練は県警や松山海保、四国電から計約60人が参加。
 ドローンは、3号機周辺に爆発物に見立てた黒い箱を降ろして離陸、沖合の不審ボートに帰還したとの想定で、県警の爆発物処理班などが黒い箱を処理した。ボートには、松山海保の巡視船が汽笛を鳴らしながら停止命令を出し接近。警察の船とともにボートへの立ち入りまでの手順を確認した。
 八幡浜署の村瀬秀人警備課長は「厳しいテロ情勢を踏まえ実施したが、想定外をいかに想定するかが重要。今後も関係機関とさまざまな訓練をしていきたい」と話した。
 四国電は、航空機を衝突させるなどのテロを受けた場合の「特定重大事故等対処施設」の建設を計画。昨年8月に再稼働した伊方3号機での設置許可を原子力規制委員会に申請している。

※この記事は、6月19日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 3時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る