大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

神社に砲弾3発 自衛隊が回収 大分市家島

 大分市家島の神社「天満社」に砲弾が3発、長年置かれていたことが分かり、陸上自衛隊目達原駐屯地(佐賀県)の不発弾処理隊が30日、回収した。大分東署によると、いずれも長さ約30センチ、直径約10センチ。地元の人の話では、少なくとも約80年前から神社にあったという。
 砲弾は杵築市内の神社でも今月24日に確認された。家島自治区の徳丸健治自治会長(72)によると、報道を受け、30日に大分市鶴崎支所を訪れて処分を相談した。拝殿から本殿へと上がる階段の脇に置いていた。
 陸自によると、回収したのは旧日本軍製の120ミリ砲弾。3発とも信管が付いていたが、2発は安全装置が解除されておらず危険性はない。残る1発は安全処置を施して運び出した。
 地元に長年住んでいる三浦明さん(88)は「物心ついた時からあり、子どもの頃は力比べで持ち上げたりしていた。満州事変(1931年)から復員した兵隊さんが記念に置いていったと聞いたことがあるが、詳しくは分からない」と話した。
※この記事は、5月31日大分合同新聞朝刊23ページに掲載されています。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 8時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る