Gateアプリ大分合同新聞のスマートフォン専用アプリ誕生!詳細はこちら

大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

住民ら200人地震想定し訓練 湯布院町乙丸区

 由布市湯布院町の乙丸区は16日、熊本・大分地震から1年に合わせて防災訓練をし、住民ら約200人が参加した。
 午後4時に震度6弱の地震が発生した―と想定。区内の住民が乙丸公民館に集まり、組長が自治委員に住民の安否や被害状況を報告した。
 市消防署湯布院出張所の署員がストッキングなど身近なものでできる止血方法や骨折の処置、毛布と竹を使った簡易担架の作り方を紹介。住民は消火器の扱い方を学んだ。
 後藤久生区長は「1年前の地震で住民も大変な恐怖を感じたと思う。災害時に自分の身を守る意識を高めてほしい。また、近所の助け合いがあって初めて災害に対処できる」と呼び掛けた。
※この記事は、4月18日大分合同新聞朝刊10ページに掲載されています。

ニュース

> 2017年4月18日(火)の大分県内ニュース一覧を見る

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 18時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る