Gateアプリ大分合同新聞のスマートフォン専用アプリ誕生!詳細はこちら

大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

全国中学校体育大会九州ブロック大会シンボルマーク

 日出町の日出中学校2年の宮川愛里さん(14)の作品が、全国中学校体育大会九州ブロック大会(8月17~25日、九州各県)のシンボルマークに選ばれた。宮川さんの原画を基に正式なマークを作り、大会プログラムやポスターなどに使われる。

 作品は、サクラが咲く九州の地図を赤い人型で囲んでいるもの。サクラは日本の象徴として盛り込み、九州各県を舞台に熱戦を繰り広げる選手の姿をイメージした。人型が長く伸びているのは全国大会へと続く「道」を表現したという。
 同校美術部長でもある宮川さん。周囲の勧めで応募を決め、水性カラーペンなどを使って約1週間で仕上げた。「選ばれて驚いたが、すごくうれしい。出場する選手の皆さんには全力を出し切って頑張ってほしい」と話した。
 九州と九州各県の中体連事務局によると、650点以上の応募があり、県ごとに3点まで絞り込んだ後、残った24点を最終審査した。
※この記事は、3月19日大分合同新聞朝刊15ページに掲載されています。

OPENCLOSE

cawainformation-カワインフォ

cawainformation-カワインフォ毎日更新中

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 21時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る