Gateアプリ大分合同新聞のスマートフォン専用アプリ誕生!詳細はこちら

大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

理容師世界大会前回4位の鳴海勝さん 「今度は優勝」狙う

 大分市畑中の理容師、鳴海勝さん(72)が今年9月にフランス・パリで開かれる「世界理美容技術選手権大会」に出場する。昨年出場した世界大会では4位入賞を果たしたが、「今度は優勝し、理容業界を元気づけたい」とさらなる上位を目指し、練習にも熱がこもる。

 「全国理容競技大会」(昨年11月・高知県)で60歳以上の熟練者が集うマスタースタイリスト部門に県代表として出場。あらかじめ毛髪を好みの色に染めたマネキンを使い、制限時間(35分)で前衛的なカットやセットの技術、センス、先見性などを競った。21人の出場者の中で優勝し、世界大会への出場権を得た。直線と曲線をバランスよく組み合わせたスタイリング、カラー配置の美しさなどが高く評価された。
 「競技中は少し緊張したが、世界大会への出場権を得て心が躍った。家族はもちろん、お客さまや同業者が喜んでくれたのが何よりうれしい」と喜びを語る。
 70歳の時、四半世紀ぶりに競技大会に出場。昨年3月に韓国であった世界大会では4位入賞を果たしたが、「じわーっと悔しさが込み上げ、次は必ずメダルを取ろうと誓った」。市内の理容師でつくる「大分技優会」(池添義広会長)も勉強会を開くなどしてバックアップする。「若い仲間が情報を集めて意見してくれるから刺激になる。次々とアイデアが生まれ、練習も楽しくてたまらない」と感謝する。
 大阪市内で10年間修業し、25歳で大分市内に「ヘアーサロンナルミ」を開業。現在は妻、次男夫婦と一緒に店に立つ。「生涯現役が目標。何歳になっても技術を磨くことができる理容の魅力や奥深さを若い世代に伝えていきたい」と話している。
※この記事は、1月12日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。

OPENCLOSE

cawainformation-カワインフォ

cawainformation-カワインフォ毎日更新中

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 4時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る