Gateアプリ大分合同新聞のスマートフォン専用アプリ誕生!詳細はこちら

大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

リオ五輪日本代表選手や米大統領候補 ユニークかかしずらり

 日田市天瀬町の本城地区で、第11回彼岸花と案山子(かかし)まつりが開かれている。田んぼのあぜ道に咲くヒガンバナは今が見頃。約200体のかかしも飾られ、来場者を楽しませている。10月29日まで。

 地区の活性化につなげようと、本城1生産組合(河津信行組合長)が2006年から毎年開催。今年は同組合員ら約30世帯がユニークなかかしを並べた。
 リオ五輪で活躍したテニスの錦織圭選手、卓球男子団体、バーベルに駆け寄る重量挙げの三宅宏実選手らに加え、米国大統領選挙の候補者2人に似せた“カップル”も。
 同市上城内町の桑野小夜子さん(67)は「初めて来たが、みんな本物みたいでとてもにぎやか。動きがよく表現できている」と驚いていた。
 会場で人気投票を行い、投票者の中から10人に地元特産品を贈る。地元で収穫したクリ、サツマイモなどの野菜、新米おにぎりなども販売している。いずれも9月25日まで。
 河津組合長は「多くの来場者が楽しんでくれている。色鮮やかなヒガンバナと黄金色の稲穂、ユーモアあふれるかかしを見てゆったりしてほしい」と呼び掛けている。
※この記事は、9月25日大分合同新聞朝刊17ページに掲載されています。

OPENCLOSE

cawainformation-カワインフォ

cawainformation-カワインフォ毎日更新中

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 0時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る