平成30年度 大分合同新聞納涼花火シリーズ

別府会場 7月29日(日) 20:00スタート!詳細はこちら

エンタメニュース
気になる芸能ニュースをチェック!

大泉洋、ハリウッド映画の吹き替え初挑戦 “ひねくれキャラ”オファーに「なぜだろう?」

 俳優の大泉洋(45)が、ミニオンを生んだイルミネーション・エンターテインメントの長編アニメーション最新作『グリンチ』(12月14日公開)の日本語吹き替え版声優を務めることが12日、わかった。常に不機嫌で周りの村人たちに意地悪をする、ひねくれ者のグリンチを演じ、ハリウッド映画の吹き替えに初挑戦。「グリンチのキャラクターにぴったりということでオファーをいただいたそうなのですが、“正直でピュアな大泉洋”としましては、『なぜだろう?』と不思議に感じております!」と話している。

【動画】ぴったり? 『グリンチ』大泉洋の吹き替えシーン

 米国の絵本作家ドクター・スースによるクリスマスの物語が原作。グリンチは、少しぽっちゃり気味の全身緑の身体に、トレードマークである赤いマフラーを巻き、ふてぶてしく歩く姿は、どこか愛らしくて憎めない。小さい頃は純粋でかわいかったのに、大人になるまでに何があったのか。

 配給会社の担当者は「グリンチというキャラクターに出会った瞬間、真っ先に大泉洋さんを連想しました。大泉さんをもしアニメキャラ化したら、きっとこんな感じだろうな…と。いえ、決してひねくれている所が似ているという意味では無いです。違います」とオファーの理由を説明。大泉は「これがまた憎めない部分もある本当にユニークなキャラクターなので楽しんで演じ切りたいと思います!」と意気込んでいる。


関連記事

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 16時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る