Gateアプリ大分合同新聞のスマートフォン専用アプリ誕生!詳細はこちら

エンタメニュース
気になる芸能ニュースをチェック!

英語ができたら話してみたい 1位はジョニデ&ガガ

 誰でも言葉の壁なく、コミュニケーションをしたいもの。だが現実はそう簡単にはいかない。義務教育だけでも3年以上の英語教育を受けているはずなのに……、と嘆いている人も多いのでは? そこで、もし自分が流暢に英語を話せるとしたら『2017年 英語で話してみたい外国人ランキング』を男女別で発表。その結果、「男性編」の1位にはハリウッドスターのジョニー・デップ、「女性編」の1位には親日家であるとともに、12月中旬のツアー終了後から活動休止を宣言したことでも話題のレディー・ガガとなった。

<ランキング表>『2017年 英語で話してみたい外国人ランキング』男性部門TOP10

■作品から雑談まで、世界のジョニデが人気

 男性トップの人気となったのは、ジョニー・デップ。やはり世界のジョニデ、一度は話してみたいもの。「ざっくばらんに人生で何が一番面白かったか、どんな苦労があったか聞いてみたい。(40代/男性)」「『パイレーツ・オブ・カリビアン』について質問してみたいから。(40代/男性)」というプロ仕様の願いから、「セクシーなので男性としての魅力度を感じながらフランクに会話をしてみたい。(30代/女性)」「気軽に話せそうなので。(30代/男性)」といった雑談希望まで幅広いニーズが。彼のニーズと近かったのがトム・クルーズやブラッド・ピット、レオナルド・ディカプリオ、アンジェリーナ・ジョリー、キャメロン・ディアスといったハリウッド・スター。特に、来日の度にファンサービスが厚いトム・クルーズには「ファンサービスがとても丁寧なので会話をきちんと理解しようとしてくれそうだから。(20代/男性)」「温かい人柄を感じるし、上手く話せなくても待ってくれてやさしく会話をしてくれそう。(翻訳家の)戸田奈津子さんがトムはいつも気持ちの優しい良い人だと言っているのを観たことがあるから安心。(50代/女性)」といった、“神対応”を期待する声が集まった。

■国際ニュースを語りたい、個性豊かな政治家たちも

 意外な顔ぶれとしては、政治家の名前が挙がっていることだ。トランプ米国大統領やオバマ前大統領、英国エリザベス女王の名前が上位にランクするとは想定外。特に、毎日のようにTwitterのつぶやきが国際ニュースになってしまうトランプ大統領には「腹を割って、世界平和を語ってみたい。(40代/男性)」、「トランプ氏は低学力層にも分かるようにできるだけ易しい表現でゆっくり話してくれる。また気さくで話しやすい印象がある。ツイッターで親しみもある。(60代/男性)」といった今の世相や政治家らしからぬ彼のパーソナリティに沿ったリクエストが。

■活動休止を発表したレディー・ガガとのトークを熱望

 その一方で、日本好きとしておなじみの顔がランクしているのも興味深い。現在行っているツアーを12月中旬に終えた後、活動を休止する意向を表明したことでも話題となっているレディー・ガガは、親日家の一面も広く知られており「日本にいい印象を持っていてくれて感謝している旨を伝えたいから。(20代/男性)」「SMAPと何回か共演しているのでその時のことを聞いてみたい。(50代/女性)」という、具体的な憧れが集まり印象的。また、最近人気が急上昇中のミランダ・カー、エマ・ワトソン、アリアナ・グランデという面々がランクしたのも、今らしい理由がみえる。アリアナには「彼女とはファッションセンスの話もあうとおもうし自分と同じヴィーガンなので動物を大切に思う気持ちなどを共感できそうですし思いやりある優しい彼女と話すのは居心地良さそう!(10代/女性)」、エマには「若いのにフェミニストとして活動していて、色々なジェンダー問題についてお話を伺いたい。(20代/女性)」など、彼女らの素顔の一面にまで迫る質問をしてみたいという声が。
 
 英語ペラペラで国際舞台にて活躍。かっこよく見えるかもしれないが、ザッとランクインした面々だけでもアメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダと国はさまざま、アクセントもさまざま。英語と一言で言っても、さまざまなクセや方言がある。もちろん基礎力は必要だが、日本人らしいアクセントの英語でもネイティブには充分通じるし、まずは言葉の壁と思いこむのをやめることから初めてみてはどうだろう。そうすれば、いずれ彼らと話せるチャンスが巡ってくるかも。

(文:よしひろまさみち)

『2017年 英語で話してみたい外国人ランキング』
【男性編】
1位/ジョニー・デップ
2位/トム・クルーズ
3位/ドナルド・トランプ
4位/ジャスティン・ビーバー
5位/ブラッド・ピット
6位/レオナルド・ディカプリオ
7位/オーランド・ブルーム
8位/バラク・オバマ
9位/ポール・マッカートニー
10位/デビッド・ベッカム

【女性編】
1位/レディー・ガガ
2位/エマ・ワトソン
3位/アンジェリーナ・ジョリー
4位/アリアナ・グランデ
5位/マドンナ
6位/ミランダ・カー
7位/テイラー・スウィフト
8位/エリザベス女王
9位/キャメロン・ディアス
10位/マライア・キャリー

【調査概要】
調査時期:2017年5月23日~2017年5月26日
調査対象:計1000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代以上の男女)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査
調査機関:オリコン・モニターリサーチ

関連記事

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 21時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る