国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

首相、金融緩和の正常化に意欲

「任期中に道筋」、副作用配慮

 安倍晋三首相は14日の自民党総裁選の討論会で、日銀の大規模な金融緩和策に関し「ずっとやっていいとは思わない。何とか私の任期のうちに(縮小への方向転換を)やり遂げたい」と述べ、2021年までの次の総裁任期中に正常化の道筋を付ける意欲を表明した。

 長引く緩和の副作用に配慮を示した形。石破茂元幹事長が金融政策を軸とするアベノミクスに批判的な考えを改めて示し、矛先をかわす思惑もあったとみられる。だが、2%の物価上昇目標に向けた勢いは力強さを欠き、あと3年で「出口」を描けるかは見通せない。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 9時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る